福島県いわき市鹿島町「ギャラリー創芸工房」の日々を綴ります。
沖縄・各新聞社掲載

 

■沖縄タイムズ 2017年7月18日(火)掲載
 植物素材バックや服
      南風原 福島の作家ら工芸展

 【南風原】福島県など東北を中心に6県の工芸作家の作品を展示・販売する

「人・もの・自然をつなぐ手仕事展」が15日、南風原文化センターで始まった。

ヤマブドウやコウゾで編んだバック、植物を使ったアクセサリー、洋服などが

展示されている。23日まで(水曜休館)
   福島県いわき市でギャラリーを営む鈴木忠寿さん、智美さん夫婦が東日本大震

災があった2011年、放射能汚染を懸念して沖縄に避難。県内で交流を深めた知人

らの勧めで同年11月、同センターで夫婦展を開催した。福島に戻ったが、12年か

らは仲間の作品を持参し、毎年開催している。

  忠寿さんは「物を大切にすることは人を大切にすることにつながる。植物には

節やよれがあり、それが手作りの個性につながる。長年使うことで愛着もわく」

と来場を呼びかけた。
     町内在住で、職場の仲間と訪れた平良愛子さん、羽地房枝さんは「手作りの品

は温かみがある」「琉球かすりなどで小物を作っているが、作品展を見るとアイデ

アが湧く」などと熱心に眺めていた。
     会場では21、22の両日午後1時から、韓国のパッチワーク「ポジャギ」の実演・

体験教室も開催する(講習料3千円、4時間程度)。
      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     

■琉球新報 2017年7月20日(木)掲載

    世界の工芸品「手仕事展」開幕  
  【南風原】東北を中心にした全国や世界各地の工芸品を展示・販売する「人・もの・

自然をつなぐ手仕事展」が15日から、町喜屋武の南風原文化センターで開かれている。

入場無料。23日まで。
    梅雨時期の10日間しか収穫のチャンスがないというヤマブドウのつるを使った籠

バックや竹の弁当箱、山形県のシナ織の雑貨など、一つ一つ手作業で作られた作品が並ぶ。
    東日本大震災後、県内で約7カ月間避難生活を送った、福島県いわき市でギャラリーを

経営する鈴木忠寿さんと智美さん夫婦が県内で毎年開いている。21、22日午後1時から、

韓国のパッチワークと呼ばれる「ポジャギ」の実演・体験教室が開かれる。

講習料は3千円、4時間程度。問い合わせは南風原文化センター☎098(889)7399

 

 

 

08:56 沖縄 - trackbacks(0)
沖縄での手仕事展・盛況でした。

 

・・・福島・沖縄交流企画・・・

今年で6回目となる「東北の手仕事展」を南風原文化センターにて

7月15日(土)〜7月23日(日)まで開催致しました。

 

■山ブドウ・しな・アケビ・タケ・クルミなどの編組細工から、

織・衣・アクセサリーなど500点ほどの手技、手仕事が並びました。

お天気にも恵まれ初日から盛況でした。

会期中何度も足を運んでくださったり、山ブドウのペンダント教室や

ポジャギ教室と盛りだくさんでした。

また、来年も「手仕事」の魅力をより一層、楽しんで頂きたいと思います。

 

 

 

23:04 沖縄 - trackbacks(0)
手仕事展・沖縄開催

 

・・・福島・沖縄交流企画・・・

会期:2017年7月15日(土)〜7月23日(日)
9:00AM〜6:00PM<水曜日休館 7/19>

南風原文化センター
〒901-1113 沖縄県島尻郡南風原町 喜屋武257
        TEL.098(889)7399      
        FAX.098(889)0529

------------------------------------------------------------------
■山ブドウ・しな・アケビ・タケ・クルミなどの編組細工から、織・衣・アクセサリー
などの熟練された手技とおおらかな精神は、日々の生活を豊かにしてくれます。

■韓国のポジャギ、インドのカンタなど一枚の布から拡がる手仕事。
7/21(金)22(土)1:00PM〜ポジャギの実演・体験教室開催 是非ご参加下さい。
        講習料 3000円(材料含/4時間程度)
鈴木智美のポジャギの体験・実演教室。白麻のはぎれを思い思いのデザインを
考えながら、チクチクとつなぎ合わせて30cm角のポジャギをつくります。
透かしてみると重なり部分のコントラストがおもしろく、南風に揺らめきます。

 


■自然をつなぐ手仕事展/参加メンバー                      
中川原信一:秋田(編組)  櫻本富一 :山形(編組)
増田周一 :宮城(金属)  大平良章 :福島(編組)
佐々木武郎:福島(編組)  川名京子 :福島(革)  
佐藤勢津子:福島(刺繍)  坪内恵美子:福島(洋服)
徳田日佐子:福島(洋服)  松浦淑貞 :福島(洋服) 
新妻久美子:福島(染/衣)  箱崎りえ :福島(布/陶)
三枝幸子 :福島(洋服)  さがわはるな:茨城(シャツ)
瀬谷洋子 :茨城(編組)   福田直睦 :大分(編組) 
関川しな織協同組合:山形

 

21:23 沖縄 - trackbacks(0)
沖縄・自然をつなぐ手仕事展

 

「人・モノ・自然をつなぐ手仕事展」

2016・7月16日(土)〜7月24日(日)
 9:00AM〜6:00PM<水曜日休館 7/20>
南風原文化センター 沖縄県島尻郡南風原町 喜屋武257
              tel.098(889)7399/FAX.098(889)0529
■山ブドウ・アケビ・タケ・シナ・クルミなどの編組細工から、
 織・衣・アクセサリー などの熟練された手技とおおらかな
 精神は、日々の生活を豊かにしてくれます。
■小ホールにて「アジアの布 色彩と技法の魅力展」同時開催
  韓国のポジャギ、インドのカンタなど一枚の布から拡がる手仕事展。
  7/22(金)23(土)1:00PM〜ポジャギの実演・体験教室開催 
12:27 沖縄 - trackbacks(0)
沖縄にて手仕事展始まります。
 
今年で4回目となる「手仕事展」を明日から、沖縄の南風原文化センターにて展示します。
1年振りの今回は、作品の種類も増えて、山ブドウのカゴバック、洋服、陶芸、手描きのTシャツ、アクセサリーも並びました。
是非、お出掛け下さい。又

21:14 沖縄 - trackbacks(0)
宮古の布
 


「宮古島・工房がじまる」 羽地さんが苧麻糸を藍で染めています。
染めて乾かし、また染めて20回以上繰り返してゆくりと時間をかけて染めていきます。
宮古島で苧麻を植え込み、刈り取り、細く細く糸を紡ぎ、染めて織る。
大変な手間と時間をかけて織り上げる手技・手仕事
                       改めて手技のすばらしさ、奥深さを実感しました。

17:12 沖縄 - trackbacks(0)
喜屋武の綱引き


 
・・・・・南風原町喜屋武の綱引き・・・・・

8月12・13日 (旧暦6月25・26日)の2日間 「いり」と「あがり」地域ではなく門中(父系の同族)
により、二つの綱を組み合わせて綱を引き合った。曲がりくねった道と急な坂道、綱を引く場所も
平坦ではない。
綱の長さ、太さも違い、時間もルールも決まっていない。その時々の雰囲気で流れていく。
13日は夜11時頃に銅鑼の音と共に、綱と綱・人と人、まさに「魂」のぶつかり合いとなった。
仕事も遊びも伝統も、精一杯、ただただ素朴に無心となり人と大地がつながった。
沖縄のこの地に生まれて、「今を生きる証」 強い精神性と連帯意識が育くまれる純粋さに、うらや
ましい思いを感じつつ 沖縄の地を愛し、人を愛おしみ、祖先を敬う精神文化を支える源をみたよう
な感動と興奮だった。
12:07 沖縄 - trackbacks(0)
久米島の木工作家

 


久米島  3月4日
木工作家・五え松工房の宮良さんは国指定天然記念物「久米の五枝のマツ」近くに工房があります。リュウキュウマツは高さ6m、枝長21m、幹周4.3m、枝全体の面積250屐B翩の暴風雨にも真夏の暑さにも負けずに、しっかりと大地に根を張り枝を伸ばし勇壮に佇んでいます。
久米島の大自然の中からこつこつとつくりだされる、宮良さんの作品も自然の大らかさや温かさ、また繊細さも伝わってきます。

22:30 沖縄 - trackbacks(0)
久米島の自然

 


 3月3日 久米島
周囲約48km、人口約8000人の久米島で一番高い「宇江城城跡(うえぐすくじょうあと)」写真右
360度島が見渡せ、さとうきび畑の赤土に雲の影がうつり空が身近に感じられます。
「畳石」写真左 溶岩が冷えて固まった六角状の岩石郡は亀の甲羅が並んだような自然模様と
エメラルドグリーンの海、「久米島の自然を満喫」しました。

22:24 沖縄 - trackbacks(0)
テープカット

 


3月2、3、4日の3日間、沖縄・南風原の工芸技術支援センターにて第38回卒業展が開催されました。工芸(織物・木工・紅型・漆工)の担い手研修作品と手織りコースター・木のボールペンづくりなどのワークショップも開かれました。工芸品の魅力から人材育成と幅広い活動を展開しています。
特に作品制作を通じて人と人とのつながりを強く感じました。

22:09 沖縄 - trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
ACCESS

〒971-8141
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel/fax 0246-29-3826
mail info@g-sougei.com
ギャラリー創芸工房HP