福島県いわき市鹿島町「ギャラリー創芸工房」の日々を綴ります。
沖縄出発・故郷へ

 

1021日(金)

 青い海・青い空。沖縄でのたくさんの思いやメッセージで埋め尽くされたジムニーで、ハナも一緒にいわきへ戻る旅に出発した。フェリーで鹿児島に着いたとき、陸でつながっている福島、土に還った父と兄・母が暮らす「いわき」が身近に感じた。今度は10日間かけて、長崎、広島など平和学習をしながら、岡山・奈良・愛知・横浜・栃木・茨城を回りながら、知り合いの作家のところに寄って旧交を深めて帰ってきた。

 沖縄での日々は、「オキナワ」を肌で感じることができた。そして、基地問題と原発問題は共通している、と思った。米軍基地は、一番住みやすいところにある。しかも、不発弾が至る所に埋まっていて、いまだに掘り返す作業が行われている。沖縄の人たちは、その理不尽さを訴え続けている。だから「福島の人も訴え続けなければならない。口を塞いでしまってはだめだ」と思う。

いまだに日本を「大和」と呼び、ベニイモをサツマイモと言うと「これはベニイモです。サツマイモなんかじゃありません」と言下に否定する沖縄の人たち。それは、蹂躙され続けてきた歴史への反発であり、自分たちの文化に対する誇りともいえる。だからといって決して偏屈ではなく、文化が混じり合っているおおらかさや、独特の温かさがあった。

いわきに戻ってから何日か過ぎてから、実家の母は10月に沖縄に来る1ヶ月前まで、脳梗塞で、入院していた事を初めて知らされた。人一倍、心配性の母に精神的に負担をかけてしまい申し訳なかった思いと、家族が何か言葉がおかしい事に早めに気づいてくれたので後遺症が出なかった事に感謝と喜びを感じた。母の手帳には何度も何度も電車の乗り継ぎや時間、携帯番号、住所などが繰り返し書き込まれていた。沖縄へ必死で足を運んだ思いが、あの那覇空港での再開に異常なほどの喜びと安堵感に納得する事が出来た。

いわきに帰ってきて感じたのは、あんなにすごいことがあったのに、何一つ変わっていないことだった。いまの状態が異常なのに、こういうところで一生暮らすんだな、とも考えてたりもする。あのヨードチンキの臭いは特に感じなくなったが、不気味な黒い雲はいまもある。そしてときどき、咳と痰が止まらなくなることがある。
 新聞・ラジオ・テレビで天気予報と同じように空間線量が公表され、公園・幼稚園・学校・公共施設などにモニタリングポストが当たり前のように設置されている光景に違和感と、今も福島は収束の見えない原発事故・放射能の見えない恐怖にさらされている。福島へ戻る途中に寄った長崎で、原爆の絵図を描いた画家丸木さん夫婦の言葉が甦る。「戦争で原爆が、平和で原発が」人類は核と共存できない、核のない生活・心地よい空間、負の島から福の島へ「安心・安全」本当に笑える日、平穏な日を願わずにはいられない。自分が生まれ育った町を大切にし、物も動物も人も思いやる心が平和へとつながる。ひとりひとりが、自分・家族・地域や状況を納得し選択し行動する。それぞれの生き方・考え方で、結局は後悔しない・したくない生き方が大切なのかもしれない。平和の歩みはどんなに小さいことでも考え行動することから始まる。11人が価値観の違いや生活スタイルを、もう一度考える直す時期なのかもしれない。

この7ヶ月間を振り返ると、本当にギャラリーの仕事をしていて助かったし、助けられた。モノをとおして人と人がつながり拡がる、その空間がギャラリーであり「人は財産」である。文化こそが人々の支えにつながっていく。

工芸・彫刻・絵画など「ギャラリー」を通して、ひとつひとつの展覧会を大切に、その時の出会いに感謝し喜び、別れに悲しみ、素直に自然に寄り添いながら、謙虚に頑固に生きていこう。生きるチカラとは、自分が一番やりたい事や好きな事をコツコツと地道に続けることによって、心に碇のようなしっかりとした礎が生まれてくる。いままでの出会いに感謝し親交をより深めながら、いろいろな場所にいろいろな人達とのつながり拡がてっていくことを夢見て、これからの出会いを楽しみに大切にしながら、「人生 第2ステージの始まりです。」

 

勇気と希望とこれからの目標

・ゆっくりとじっくりと心に響く展覧会を開催。

・衣服、食と器、絵や彫刻がある住空間、普段の生活の中からの提案。

・袋中祭、幼名、徳寿丸が生まれ遊んだ地にて念仏踊りとエイサーの競演

・20年、30年、40年後の検証。原発に負けない福島・原発のない日本。

・タイトルも決まっています。「原発○○○○」この本を出版。

まだまだ長い道ですが、本当に笑える日まで今後とも息の長いご支援を宜しくお願い致します。                         

長文にお付き合い下さいましてありがとうございます。
                                 完。                                          


16:52 あれから一年 - trackbacks(0)
「生きるチカラ展」開催
 

922日〜104日 

沖縄・南風原文化センターにて「生きるチカラ展」開催


 この6ヶ月間の私達の思いが何か伝わればと、南風原文化センターのご好意により展覧会の運びとなった。目に見えない不安と恐怖・怒りが増幅するとともに、精神的にも肉体的にも打ちのめされた思いと、右往左往しながらも1人1人が心のささえが、こころの礎を求めて“生きる”について真剣に向き合った6ヶ月間の記憶を忘れさせないためにも、展覧会を開催した。

   かみさんは、カンタを。カンタとはインドの刺し子、古いサリー(ベットカバー)を重ねて針でチクチク刺しいく。模様も、生命の樹・太陽・動物・人間など、しあわせや健康、魔除けなどの願いを込めて・・・。道具がいらない今の私にとって、ぴったりの技法。

 私は、沖縄の美味しい食べ物、風景、生物など主に沖縄の自然をパステルにて表現。しかし、福島での恐怖と不安など心を揺り動かされた思いを地震・津波・原発事故を報じる福島の新聞を黒く塗りつぶしたうえに、マスクとツナギで体を覆った人物やその時の心境を文字で綴った。半年が経ってやっと原発事故をモチーフにすることができた。

また、展示会場には、20年間乗っている愛車のジムニーと日本地図を展示し、福島から沖縄までの経路や距離感を少しでも実感してもらい、この車に思いやメッセージを書いてもらった。会期中には交流会も開かれ、地元、沖縄のアーティストや福島市の渡利や浪江から来ている人達とも知り合うことができ、福島訛りが懐かしかった。

いわきからもかみさんの両親と私の母の3人で駆けつけてくれた。母は、3月に那須の宿で別れた時の光景があまりにも悲壮だったのか、何十年も合っていないような心境だったのか、空港での再開に異常なほどの喜びと安堵感が漂っていた。3人は、10月3日から4泊ほど滞在し、知念岬・平和の礎・奥武島・美ら海水族館など沖縄の自然と歴史を体感しながら、ふるさといわきでの再開を語りながら帰路に着いた。

まぶしいほどの風景と大地の恵み、沖縄の人々の心温まる支援に感謝し、生きる喜びとパワーをいただき、人を元気にしてくれる沖縄、袋中上人ゆかりの沖縄、私達の心のふるさと沖縄、命の大切さ、命の尊さを実感した。

*半年が経ってやっと原発をモチーフに絵と言葉で表現する事ができた。
 下記は、当時の不安や恐怖、怒りを左手で殴り書きした言葉である。

ー自然のチカラ・廃炉宣言ー
「仕方がない」と納得するな
「しょうがない」と口を塞ぐな
大地を汚すな、大空を汚すな、大海を汚すな
自然を、生活を、人々を...
声を出せ、雑草の底力を!
声を出せ、雑魚の底力を!
自然にかえろう、土の豊かさに
自然にかえろう、風の心地よさに
自然はいのちのクスリ
心よろこぶ 自然にかえろう!
                         ー生きるチカラ・無強福ー
                         地震・津波・原発事故
                         水がない、ガソリンがない、情報がない
                         レベル・7の目に見えない放射能
                         後手後手 政府の不信感
                         研ぎすませ、心のアンテナを・・・
                         今まで存在しなかった体感
                         本当の幸せとは 何ですか?
                         本当の豊かさとは 何ですか?
                         本当に大切なモノとは 何ですか?



21:04 あれから一年 - trackbacks(0)
エイサーと念仏踊り
 

94日(日)

 沖縄セルラースタジアム那覇にて、青年ふるさとエイサー祭りが開催された。沖縄の伝統芸能やエイサー団体が参加し、福島県いわき市からは、上高久青年会の皆さんの「念仏踊り」を、この遠い沖縄で観ることが出来き、鉦の音と太鼓のリズム、生まれ育った地・ふるさとの思いが深く蘇ってきました。この素朴な鉦の音にあわせて踊る「念仏踊り」が琉球の人々によって三線と独特の音楽で現代のエイサーになったという。


福島と沖縄をつなぐ袋中上人

 飛行機も車もなかった、今から400年ほど前の激動の時代に、何日も掛けて死と隣合わせになりながらも、沖縄の地に来流した上人。経済・思想の不安や恐怖に直面する万人の安堵と衣食・生活の安らぎが念仏(大慈・大悲)の中にあるのだと説いたのは、袋中上人(たいちゅうしょうにん)であった。

袋中上人は1552年天文21年1月29日現:福島県いわき市常磐岩ヶ岡に生まれ。7歳の時、剃髪し能満寺へ 現:福島県いわき市常磐西郷にて学業に励む。52歳の時「琉球」に入り浄土念仏をともし、小禄村:現 那覇市内に「小禄浄土」が伝えられた。88歳にて、飯岡に寺庵を建立:現 西方寺 寛永16年1月21日終焉。


  
念仏の中に起き 念仏の中に眠り 念仏の中に食し 念仏の中に動き 念仏の生活。田や畑を耕し、人と大地が一体となり耕すことを通して仏とつながろうとする。大地に生まれ、大地に還る、自然浄土が拡がった。

*袋中とは「きりが袋の中からあらわれる」きりを袋の中に入れておいても自然に突きや ぶって出てくる。真の人物はいまはかくれて見えなくても、やがてその徳によって世にあらわれる。

 この遠い沖縄に来て、私にとってまさに「平和の礎・心の礎」は足元にあったことに気がつかされた。地元の福島県いわき市常磐岩ヶ岡の地にあった。

悲惨な思い苦い体験を身をもって経験した沖縄と福島。遠くて近い結びつきを深く感じ、地域住民の安心・安全を最優先した暮らしを足元から守らなければならない。念仏踊りが、エイサーがこれからも世代を超え、地域を越えて発信し続け、ますます拡がることを心から願う。

21:02 あれから一年 - trackbacks(0)
沖縄生活
 

623日は慰霊の日

沖縄戦から66年地元住民をもまきこんだ20万人を超える犠牲者を悼む日であり、学校や会社が公休となる特別な日。改めて平和を胸に刻み「忘れてはならない日」となっている。このような悲惨な思いを重ねてきた沖縄だから、被災者支援の対応について早くから、ホテルや航空社などの交通機関とも連携しての受け入れ態勢を整えている。情報としても、メール登録により、支援情報や被災者交流会、各種イベント・お祭りなどがリアルタイムで流れてくる。ここ沖縄には、ハーリー・綱引き・エイサーなど地域に密着した伝統のお祭りや風習がり、暑い日差しと青い空、青い海と熱いウチナンチュー魂を感じる。

 

84日タイフーン襲撃

豪雨と風速40mを超える台風9号が、84日から2日間ほど沖縄付近を迷走し、土砂崩れ、停電、空・船の交通機関も運休となってしまった。今年の沖縄は、台風の通り道だったのか、5月末の台風2号のすさまじい塩風で生き生きとした緑は一夜にして茶色に枯れてしまい、私の車も塩害により穴があいてしまった。自然のチカラは、想像をはるかに超えます。天に従い自然を恐れ、自然の豊かさに感謝し、自然に寄り添う暮らしがある。

地震・津波・原発事故・台風、次々とはじめての経験が続く。
21:59 あれから一年 - trackbacks(0)
一枚のハガキ
 

428

 沖縄の地に立って1ヶ月が過ぎて精神的にも多少落ち着きを取り戻した。私は紙と鉛筆(パステル)を用いて、沖縄の青い海や身近に感じられる空や雲などの自然を描くようになった。かみさんは、今の生活にぴったりなカンタ(針と布によるインドの刺し子)の手仕事を少しづつも、シンプルな生活が始まった。

 それから、地域の人達とも触れようと、役場の紹介にて、マンゴー農家の手伝いや電照菊の作付け作業をしながら、体を動かし汗を流す。地道な作業だが大地と接することで、土から自然から栄養をいただき心地よい疲労感に満たされる。自然はいのちのクスリです。

 

5月上旬

 3月11日のM9の巨大地震からちょうど1ヶ月後の、4月11日に起きた震度6の余震で、実家の納屋が傾き、度々の余震で倒壊の危険という内容のハガキが届く。納屋の中には、新制作展やいわき市民美術展に出品した重く(約40kg)大きな(最長3m)凸凹の絵画が何枚も置いてあった。

 フェリーで約1日かけて海を渡ってたどり着いた沖縄、海を越えて、気持ち的にも整理がついたような気分。きっぱりとあきらめて全ての絵の処理をお願いした。少し身軽になったような、何かリセットできるような、新たな思いもあった。

 沖縄生活は、なんとなく半年ぐらいかなと思いつつ、やはり展示品が散乱しているままのギャラリーや傾いたままの自宅が、頭の片隅から消えなかった。一時的に帰りたいという思いもあったが、犬のハナや余震と原発のその後も心配だった。そうしているうちに、かみさんは南風原にある工芸支援センターで織の基本を学べることになった。期間は7月から3ヶ月。それが、いわきへ帰る目安になった。

 

22:20 あれから一年 - trackbacks(0)
「ゆいまーる」の精神
 

3月24日(木)

 まずは、住む場所の確保が一番の問題である。場所も方向も交通規制も分からない中、沖縄県庁と市役所へ足を運んだ。市営・県営住宅の依頼をお願いしたが、犬も一緒なので、入居は難しい状況であった。市役所の駐車場にて考える?考える?考える???

 何の当てもない沖縄にて、2つの方向から行動を起こした。まずは、動物病院からの情報でペット可のアパートの情報を求めようと電話帳から、何ヶ所か電話を入れてみた。ある病院では簡単に「判らない」と電話を切る、また、別な病院では「役場で聞いてみて下さい」と云う。しかし、首里近くの病院の先生は、とても丁寧で親切に対応してくれたが、アパートの金額が想像以上に高かった。

 もう一つは、ギャラリーをしているので、作家やいろいろな人達のネットワークから、沖縄出身で栃木県の作家へ電話を入れてみた。早々に首里在住の親類の方に連絡が入り、その日の夕方に、お会いすることが出来た。偶然にも不動産関係の仕事をしていたので、大変に力になって頂き、次の日には、直接的には何の関係もない私達を、自宅に招いて、奥さんの手料理をご馳走になった。また、安くて・ペット可・駐車場有りと無理な条件だったが、早々に住む場所を見つけだし、保証人にもなって頂いた。

 場所は那覇から少し離れた南風原に落ち着いた。最初の2週間は雑居ビルの5Fのアパートにいたが、飲み屋さんの声がにぎやかすぎて最終的には一戸建てに移ることが出来た。


 福島から沖縄へ、転出届などが思うようにいかなかったが、南風原町役場や社会福祉協議会などの地域の皆さんの後押しもあり、食料・衣服・食器・冷蔵庫・レンジなど生活用品の支援も受け助かった。
住む所も決まり、多少落ち着いてきたので、犬のハナも冬の東北から暑い沖縄へ、フィラリアなどの薬をと思い、先日電話でお世話になった首里の動物病院へでかけた。電話での対応と同様にとても親切で、東北にはいない病害虫が沖縄には潜んでいるので、特に草むらの散歩に注意をする事や薬やエサも、私達同様に支援を受けた。

沖縄、小さな島だからこそ支え合う共存文化が拡がり・助け合いの精神「ゆいまーる」の優しさや温かさを実感した。

 3月下旬に浦添市民体育館にて、第63回沖展に足を運んでみた。絵画・彫刻から書芸・工芸の作品が一堂に展示されていた。特に「紅型」の染と大宜味村の芭蕉布・首里花織・久米島紬など、「織物」のてまひまかけた美しさと地道な取り組み、ひたむきさが伝わってきた。

 今、住んでいる南風原にも沖縄の工芸産業がある。織物・紅型・木工・漆工の工芸指導所や絣会館、文化センターなどの専門的な技術を培う研修施設や、伝統工芸の継承を目指して20〜30代の若手がコツコツと作業に向き合う場がある。常にスピードやアタラシモノを求められる時代だからこそ、伝統工芸の精神が大切なのかもしれない。
19:13 あれから一年 - trackbacks(0)
沖縄に立つ
 

3月23日(水)

 那覇新港に着いたのは夜8時30分ごろ。フェリーは何ヶ所が経由しながら24時間以上の船内だったが、犬のハナはあいかわらず元気だった。予約のホテルへ、しかしホテルの立体駐車場では車内に犬がいるということで駐車を拒否されてしまった。夜9時ごろホテル周りを散策し、近くのコインパーキングへ車を止めてようやく9時30分過ぎにチェックイン。

 部屋に入ると、自分たちの服に異臭がこびりついていることに気づいた。服や手袋、バックの中にもマスクやタオルなど臭いが残っているものを全て棄てた。まったく当てもない沖縄、(北部・中部・南部・離島)これからどうするのか?と思いつつ、シャワーを浴びて何日かぶりの熟睡。
14:41 あれから一年 - trackbacks(0)
船内にて

 

3月22日(火)

 那覇行きのフェリーは夕方6時に出港した。「犬はゲージがないと乗れない」ということだったが、何とか交渉して荷物扱いにしてもらい、車の中にいることになった。フェリーは5ヶ所ほど停泊して人と荷物を運ぶので1日以上かかる。睡眠不足・栄養不足・ストレスが重なり、微熱と体じゅうの湿疹。さらに船内は3月の後半、就職・卒業・移動のせいか、満席の雑魚寝状態。今度は、地震の揺れから船酔いも重なり夜も眠れなかった。

 朝になって少し慣れ、甲板で風に吹かれていると、沖永良部島で仕事をしている人と知り合った。沖永良部に住むことを勧められたが「やはり沖縄へ行きます」ということになり、親切に那覇市内のホテルを予約してくれた。また、船内には、ドイツ人の夫と日本人の妻が東京から避難してきた人とも話をすることが出来た。

18:00 あれから一年 - trackbacks(0)
逃避行
 

3月20日(土)

 朝9時半、ガソリンは1/4しかなかったが、ハナと私たち二人を乗せたジムニーと甥達の車2台で栃木県の那須塩原温泉へ向かった。常磐自動車道、湯本ICから磐越道を抜け郡山に入ったあたりから、天候も急変・晴れ・曇り・雨、日射しが異常なほど熱くガラス越しからも異常なエネルギーを肌で感じた。それと一緒に、またうがい薬のような異臭も激しく、犬のハナも後部座席でくるくる回り騒ぎ出し、今までに見たことのない異常な行動をしている。私達も息苦しくなり、手ぬぐいを鼻にあてながらハンドルを握ってやり過ごした。東北道に入ると、ようやく異臭が消えたので、ガソリンを入れて塩原温泉へ向った。宿は山頂付近で道の周りにはまだ、雪が残っていた。

 夕食前に甥と初めて一緒に温泉に入りゆったりと、のんびりとお湯につかり豪華な食事に満足なひと時を・・・。夜8時頃またも激しいい異臭が襲ってきた。みんなは、周囲は温泉なので硫黄の臭いじゃないの?というが、かみさんも温泉宿の入口ドアが開くと同時に異臭が、同じタイミングで感じとれた。せっかくの楽しい温泉旅行のはずだったが、我慢ができずに私たちとハナを連れて、あわただしく宿を出た。突然の行動に実家のみんなもビックリしたと思うが耐えられなかった。山を下って那須塩原ICをめざしたが完全閉鎖状態で通れない。マスクをしていても臭いは激しく、空は真っ黒い雲に覆われていた。一刻もはやくこの場からのがれなければと、塩原ICの管理事務所に問い合わせたると、ひとつ南の矢板ICなら大丈夫かもしれない、と言うのですぐに向かった。不気味な真っ黒い雲の下、私たちはマスクに帽子、車はカーナビもラジオも無いので道路標識だけがたよりだった。

 矢板IC入口には、パトカー数台と警察官。「避難のための緊急車両」として通してもらった。東北道は、閉鎖状態だったので車はほとんど走っていない。対向車線からは自衛隊の車両と消防車がすれ違う。

東北道から北関東道に入り栃木・群馬でも異臭は消えなかった。上信越道から長野道あたりから薄くなり、松本に入るとまったく臭わなくなった。途中ガソリンを入れようとしても、5リッター限定・10リッター限定とギリギリの走行・・・高速道を降りてしまったら、一般道ではガソリンを入れることも困難だったと思う。ただ臭いから逃れるためにあてもなく、南へ南へと走っていたが、ようやく、臭いも感じなくなった松本に着いてひと安心・サービスエリアにて休憩と車を止めた。しかし、今度は地面からの微動で常に揺れていた。そこで、「沖縄へ向かう」という腹が固まった。味も感じない食事をあわただしく取りながら、また南へ南へ。

 広島に住む知り合いの金属工芸家と連絡を取り、車で沖縄へ渡る方法を尋ねて、3/22の夕方出港・鹿児島からのフェリーの予約を取ってもらった。そしてひたすら鹿児島に向けて、中央道―東名道―中国道―山陽道―九州道とジムニーを走らせた。一般道には一度も下りない高速道だけの旅。そして22日昼前に鹿児島港に着いた。20日の朝にいわきを出発、夜8時に那須塩原温泉の宿を出てから、約1500km、40時間を費やしての異臭からの逃避行だった。

20:10 あれから一年 - trackbacks(0)
実家にて
 

3月18日(金)

 穏やかな朝、かみさんと犬のハナと一緒に散歩に出かけた。生まれ育った実家の風景に精神的にも安心する。しかしその風景の中にも震災の激しさが目に映る。瓦が落ちて仮のブルーシートで覆った家々、レンガ工場の煙突が傾いていたり、道路を横切る線路の踏み切りには電車が途中停車していた。その停車中の電車の下をくぐり実家に戻った。

 実家の一部屋を片付け、長丁場でお世話になる事にした。岩ヶ岡には井戸水があり、水道も早々に復旧してお風呂にも入ることが出来た。実家という場所があること、つくづく親のありがたさ・あたたかさを実感した。


3月19日(土)

 実家から歩いて5分、かみさんの実家も同じ部落にある。高台にあるせいか、まだ水は出ない。実家同士、仲が良いので両親は何日か振りにお風呂に入れてもらった。(娘は母の体を洗っていた)

実家にて心身ともリフレッシュしたせいか、1819日は異臭の恐怖とは無縁で過ごすことができたので、みんなもひと安心だったと思う。その夜、甥が明日は仕事が休みなので「じゃあ、いわきを少し離れて温泉にでも入りに行こう」ということになった。

16:35 あれから一年 - trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
ACCESS

〒971-8141
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel/fax 0246-29-3826
mail info@g-sougei.com
ギャラリー創芸工房HP