福島県いわき市鹿島町「ギャラリー創芸工房」の日々を綴ります。
「民族の布展」開催

 

今日からー民族の布ー 「布と装い、そしてはじまり」開催します。
ティモール、ラオス、ミャンマー、スンバ、中国などの国々を中心に、藍などの草木染、
織り、刺繍、樹皮布からひも、シルバーアクセサリー、木像、木面、石灰石入れなど
約250点が並びました。
種類も技法も国々により特徴があり、どれも丁寧な手仕事です。
明日は、木の皮を叩き伸ばしてつくる樹皮布についての「お話し会」も開催します。
現地の映像を交え ″樹皮布・布の装いのはじまり″について一緒に考える機会になれば嬉しいです。
■お話し会 「スラウェシ島の樹皮布について」
  ・4月15日(日)14:00〜15:00 <入場無料>
  ・ティモールテキスタイル 岡崎真奈美

09:26 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
民族の布展

 

ー民族の布ー 「布と装い、そしてはじまり」
会期:2018年4月14日(土)〜4月22日(日)
 10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
     最終日 5:00PM
木の皮を叩き伸ばして制作する樹皮布はおよそ7900年前の中国南部にその歴史を辿
ることができます。インドネシアのスラウェシ島には約3500年前には伝わっていた
と考えられ、今でも僅かな女性たちによって技術が継承されています。
4月15日の「お話し会」では現地の映像を交え ″樹皮布・布の装いのはじまり″に
ついて一緒に考える機会になれば嬉しいです。
■お話し会 「スラウェシ島の樹皮布について」
  ・4月15日(日)14:00〜15:00 <入場無料>
  ・ティモールテキスタイル 岡崎真奈美
23:08 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
明日から「藍染展」開催です。

 

明日から八巻秀夫 藍染展 スタートです。

       

日本古来の伝統技法「天然灰汁発酵建て」により丹精込めて染め

上げた絞りやグラデーション。タペストリー、ストール、バック、

靴下、日傘から、Tシャツ、ブラウス、スカート、ワンピースなど

の洋服約250点が並びました。

古来、海外にてジャパン・ブルーと呼ばれ日本を代表する色を

お楽しみください。
         
■日時:4/8(日) 11:30〜 ランチ付・藍染教室開催         
          個人・グループ・親子で是非ご参加下さい。

 

 

 
 

18:19 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
八巻秀夫藍染展

 

-藍に魅せられて- 八巻秀夫 藍染展vol.6

      会期:2018年3月31日(土)〜4月8日(日)
        10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
                 最終日 5:00PM
         

化学薬品、合成染料等を一切使用せず、日本古来の伝統技法「天然灰汁発酵建て」により
丹精込めて染め上げた布です。ジャパンブルーの藍色を楽しんで頂ければ幸いです。

「ランチ付・藍染め体験教室」開催
藍染め職人の八巻さんと一緒にランチを食べながら体験教室も楽しめます。
■日時:4/8(日)11:30〜ランチタイム・藍染め体験教室(3時間程度)
■料金:バンダナ (ランチ・材料・講習料含)3500円
■定員:15名程度、要予約となります。
■場所:ギャラリー創芸工房 TEL/FAX 0246-29-3826

 

 

19:45 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
明日から「沢 宏一 水彩画展」です。

 

明日から「 沢 宏一 はじめての水彩画展 」を開催します。 
                             
地元、いわきの身近な小名浜港、江名漁港、白水阿弥陀堂から磐梯山、京都の天竜寺近くのお地蔵様、
正月飾りやにぎやかな平七夕まつり、ひまわりやたまねぎ、みずみずしいキャベツ、
「風景・静物・人物」等々35点の水彩画が並びました。
昭和30年 福島県原町市(現 南相馬市)生まれ
  53年 小学校教員となる
平成28年 定年退職後、同年ランプ画会入会
20:26 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「沢 宏一 水彩画展」

 

「 沢 宏一 はじめての水彩画展 」 
2018年3月17日(土)〜3月25日(日)
 10:00AM〜5:00PM<会期中無休>
    最終日 4:00PM
                                 
退職後、絵画サークル「ランプ画会」に参加させていただき、水彩画をはじめました。    
「優しい色と線で絵を描いてみたい」と思いながら、身近な風景や静物などを描いて
います。水彩画をはじめてから2年目の拙い作品ばかりではございますが、是非皆様
にご覧いただき、「いろいろと教えていただく機会にしたい」と願っております。
会期中在廊しますので是非、お出掛け下さい。             沢 宏一
18:31 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「備前の器」展 始まります。

 

明日から、備前の器、「伊勢崎 卓 紳 創 競」 四兄弟展始まります。
広口花器、窯変耳付花入、鶴首徳利、ピッチャー、急須、フリーカップ、
面取茶碗、銀彩ぐい吞、叩き皿、三角小鉢、丸プレート、木の葉皿など
普段使いの器を中心に約80種類、150点が並びました。
丈夫で使いやすく、安心感があり種類も技法も様々な「四兄弟」それぞれ
の器をお楽しみ下さい。
20:12 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
伊勢崎 卓 紳 創 競 陶展-5

 

-備前の器・vol.5- 伊勢崎 卓 紳 創 競 展
2018年1月20日(土)〜1月28日(日)
   10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
   最終日 5:00PM
今年で5回目となる、「伊勢崎 卓 紳 創 競」 四兄弟展。
千年以上の伝統を保つ備前焼・釉薬を一切使わず、今も松割木を使って十数日
をかけてやきつづけた器は、飽きがこなく使い込むほどに味が増していきます。
四兄弟それぞれの土と炎が創り出す大胆で力強い自然の香りを感じて下さい。
■伊勢崎 卓
 昭和38年 伊勢崎 満の長男として生まれる
   62年 大阪芸術大学陶芸科卒業
 平成16年 銀座黒田陶苑にて個展  
   27年 豊橋ほの国百貨店にて個展
■伊勢崎 紳
 昭和40年 伊勢崎 満の二男として生まれる 
 平成 5年 第40回日本伝統工芸展日本工芸会奨励賞受賞
    7年 第42回日本伝統工芸展入選、日本工芸会正会員となる
   28年 東広島市立美術館 現代の造形「生活を彩る陶」展出品
■伊勢崎 創
 昭和43年 伊勢崎 満の三男として生まれる 
 平成 8年 第43回日本伝統工芸展入選
   16年 第51回日本伝統工芸展入選、日本工芸会正会員となる
   23年 伝統工芸陶芸部会展日本工芸会賞受賞   
■伊勢崎 競
 昭和45年 伊勢崎 満の四男として生まれる 
 平成 5年 第40回日本伝統工芸展入選
   17年 第52回日本伝統工芸展入選、日本工芸会正会員となる
   27年 日本橋三越にて個展

 

08:28 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
日本の古布展始まります。
「 日本の古布展-17 」-手仕事の技と美-
会期2018年1月2日(土)〜1月11日(月)
 10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
明日から、毎年恒例の「日本の古布展」が始まります。
年を経てより味わいを深める豊かな日本の布文化から丁寧な手仕事を集めました。
縮緬・絣・麻・木綿・更紗から筒描・刺し子などの種類も技法も様々です。
古布を使った洋服、バック、人形など着物からハギレまで約700点が並びました。
10:44 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「日本の古布展」開催

 

「 日本の古布展-17 」-手仕事の技と美-
会期2018年1月2日(火)〜1月14日(日)
    10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
毎年、恒例となりました「お正月の古布展」をお楽しみください。
年を経てより味わいを深める豊かな日本の布文化から丁寧な手仕事を集めました。
縮緬・絣・麻・木綿・更紗から筒描・刺し子などの技法も様々です。
古布を使った洋服・人形、干支などの細工物など暮らしの中に潤いが生まれます。
■1/7(日)8(月)10:00AM〜豊田信也先生による「創作人形教室」開催

11:35 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
ACCESS

〒971-8141
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel/fax 0246-29-3826
mail info@g-sougei.com
ギャラリー創芸工房HP