福島県いわき市鹿島町「ギャラリー創芸工房」の日々を綴ります。
明日から、「塩田清忠絵画展」開催

 


 ―港の刻―
   塩田清忠 絵画展   
会期:2018年10月17日(水)〜10月30日(火)
10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
 最終日 5:00PM
地元、小名浜の港や漁船などの風景を中心に油彩50号〜
SM、46点が並びました。
また、ギャラリー2Fには、黒とシルバーの色調で描かれた、
抽象画F50号〜15号,10点も展示しましたので、併せて
ご覧下さい。
6年振りの個展ですので是非お出掛け下さい。
■会期中作家が在廊致します。
1931 いわき市平に生まれる
1958 武蔵野美術学校卒業後、中学校の美術教師となる
1959 第23回自由美術展に初入選 以降9回入選
1960 第14回福島県総合美術展 奨励賞
1969 第33回新制作展に初入選 以降17回入選
1970 福島県総合美術展招待作家となる
1977 いわき美術協会展審査員を務める
1978 福島県総合美術展審査員を務める
1988 いわきの秀作美術展に出品/いわき市立美術館
1989 福島の美術家たち兇暴佗/福島県立美術館
1992 いわきの美術-作家たちの抽象-展/いわき市立美術館
1993  個展/いわき市・ギャラリーアイ 以降7回
2001 NHK.福島TV 撮影 暮らしのチャンネル、ギャラリー散歩
パブリックコレクション:いわき市立美術館
14:33 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
明日から「太田 憲 寄木細工展」です。

 

・・・OTA MOKKO・・・
明日から、「太田 憲・寄木細工展」開催です。      
神奈川県小田原の自然から生まれる繊細な「寄木細工」
日々の生活をもっと楽しくなるよな、寄木ボタン、ブローチ、
ボールペン、コースター、トレー、豆皿、重ね箱 等々、
約400点が並びました。あたたかく心地よい自然の香りもお楽しみ下さい。
18:45 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
太田 憲 寄木細工展

 

・・・OTA MOKKO・・・
  ―太田 憲・寄木細工展―      
会期:2018年10月6日(土)〜10月14日(日)
10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
 最終日 5:00PM
神奈川県小田原は日本の伝統的工芸「寄木細工」の産地であり、伝統を受け
継ぎつつまた、新しくモノづくりに挑戦している”OTA MOKKO”
様々な木の豊かな色彩表現とモダンなフォルム、日々の生活をもっと楽しく
小田原の自然から生まれる繊細な手仕事展にお出掛け下さい。
20:41 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
心地よく暮らす・秋の衣展

 

―心地良く暮らす・秋の衣展―
      
会期:2018年9月22日(土)〜9月30日(日)
10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
■秋の彩り、心地のよい洋服や手描きのシャツ、ストールや帽子、革のバック
からアクセサリーも並びます。心地良い空間で心も体も優しくなれます。
是非、お気に入りの一枚を探しにお出かけ下さい。
■手織りを楽しむ「ランチ付ワークショップ」開催
この秋、麻のストール・テーブルセンターなど、手織りの彩をお楽しみ下さい。
  ・日時:9/23(日)24(月)29(土) 30(日) 10:00〜(講習5時間程度)
  ・料金:5000円(講習料・材料費・ランチ含) 各日部定員2名要予約

岩上啓子  風間洋子  川名京子 さがわはるな  鈴木智美  坪内恵美子
徳田日佐子  新妻久美子   箱崎りえ  増田周一  松浦淑貞   三枝幸子
13:18 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
明日から「工房ツクルテ展」です。

 

・・・白釉・黒釉の手仕事・・・
―工房・ツクルテ 展 vol.掘
      
明日から開催です。白釉・黒釉のフリーカップ、小皿、ピッチャーから、
大地のような地肌の一輪挿し、牛や馬、魚をモチーフにした花器や帽子掛けなど
大小約150点が並びました。
ほっこりとしたユーモラスさと優しさに包まれた空間です。
常陸太田から根本博幸さんが9/8(土)9(日)16(日)17(月)の4日間
在廊しますのでお出掛け下さい。
17:37 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
工房・ツクルテ展

 

・・・白釉・黒釉の手仕事・・・
―工房・ツクルテ 展 vol.掘
      
会期:2018年9月8日(土)〜9月17日(月)
10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
ここ数年厄介な黒釉にはまっている。同じものを焼きたくてもまず出来ない。
ただ、一つひとつはとても良い感じに焼き上がる。焼きものは難しい、
だから楽しい。けど苦しい...、でもやっぱり美しい。   根本博幸
■作家在廊日  9/8(土)9(日)16(日)17(月)
21:24 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
明日から「網組・手仕事展」です。

 

 明日から-人・もの・自然をつなぐ手仕事展-始まります。
     
山ブドウ、アケビ、クルミ、しな、タケなどの自然素材を活かした、編組細工の
手提げ・ポーチ・財布・掛花・ストラップ・ペンダント・イヤリングから
ガラスとタケ、流木とタケ、山ブドウとクルミなどのコラボ作もあり、
大小約500点が並びました。
この夏を涼しく、様々な網組の手づくりで日々の暮らしをお楽しみ下さい。
 
中川原信一  ・櫻本富一 ・佐々木武郎 ・瀬谷洋子 ・大平良章
・ 福田直睦  ・関川しな織協同組合
20:39 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
自然をつなぐ手仕事展
 -人・もの・自然をつなぐ手仕事展-
2018年6月30日(土)〜7月8日(日)
 10:30AM〜6:30PM<会期中無休>       
       
山ブドウ、アケビ、クルミ、しな、タケなどの自然素材を活かした、編組細工の
手提げ・財布・コースター・ペンダント・イヤリングなどのアクセサリーも並びます。
編組の多種多様なナチュラルライフで日々の暮らしをお楽しみ下さい。
中川原信一 (秋田/アケビ)     ・櫻本富一(山形/山ブドウ) 
佐々木武郎(福島/山ブドウ)   ・瀬谷洋子(茨城/トウ細工)
・大平良章(いわき/タケ)       ・ 福田直睦(大分/タケ)
・関川しな織協同組合(山形/しな)
23:37 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
明日から「夏の器展」開催です。
明日から「夏の器・夏のガラス展」始まります。
       
西郷匡史・難波立子(福島県いわき市) 鳥本雄介(京都のガラス屋)
杉山洋二・佐々木恒子(茨城県笠間市) 詫摩まり(神奈川県鎌倉市)
 
コロンとした、柔らかな形と色彩豊かな楽しい器、重厚で透明感のあるデキャンタ、
乳白色の照明、涼しげな風鈴、グラス、ボール、箸置き、アクセサリーから
素材の違う「ガラスと陶」「ガラスと竹」のコラボも並びました。
生活の中から生まれた、使って心地よい器、暮らしの中でさりげなく夏の光を感じて下さい。
*会期中 創庵cafeにて気まぐれランチ・季節のデザートをガラスの器でお楽しみ下さい。

 

21:18 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「夏の器・夏のガラス」開催

 

     -夏の器・夏のガラス-
2018年6月16日(土)〜6月24日(日)
 10:30AM〜6:30PM<会期中無休>       
暑い夏に涼しく透明感あふれるガラスの器・毎日使いたくなる
心地よい器。暮らしの中でさりげなく夏の光を感じて下さい。
「ガラス+陶・ガラス+植物・ガラス+竹」とのコラボもお楽しみ下さい。

西郷匡史・難波立子(福島県いわき市)
2003年に、いわき市入遠野にガラス工房「スタジオRISA」を構え制作活動中。
グラス、ボール、浅漬け鉢、箸置き、ペンダント等のアクセサリーも並びます。
鳥本雄介(京都のガラス屋)
神戸市生まれ。大阪芸術大学卒業後、晴耕社ガラス工房に入社し荒川尚也氏に師事。
2015年独立・開窯「とりもと硝子店」として活動。
詫摩まり(神奈川県鎌倉市)
多摩美術大学院デザイン科修了後、北海道・スウェーデンのガラス工房勤務、
コロンとした、柔らかな形と色彩豊かな楽しい器・アクセサリーを制作。
杉山洋二・佐々木恒子(茨城県笠間市)
杉山(ガラス)・佐々木(陶芸)ご夫婦で制作活動中。
素材の違う「ガラスと陶」生活の中から生まれた、使って心地よい器。
上段 sasaki tsuneko                    torimoto yusuke                   sugiyama yoji
下段 takuma mari                       nanba ritsuko                       saigo tadashi
20:31 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
ACCESS

〒971-8141
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel/fax 0246-29-3826
mail info@g-sougei.com
ギャラリー創芸工房HP