福島県いわき市鹿島町「ギャラリー創芸工房」の日々を綴ります。
「備前の器」展 始まります。

 

明日から、備前の器、「伊勢崎 卓 紳 創 競」 四兄弟展始まります。
広口花器、窯変耳付花入、鶴首徳利、ピッチャー、急須、フリーカップ、
面取茶碗、銀彩ぐい吞、叩き皿、三角小鉢、丸プレート、木の葉皿など
普段使いの器を中心に約80種類、150点が並びました。
丈夫で使いやすく、安心感があり種類も技法も様々な「四兄弟」それぞれ
の器をお楽しみ下さい。
20:12 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
伊勢崎 卓 紳 創 競 陶展-5

 

-備前の器・vol.5- 伊勢崎 卓 紳 創 競 展
2018年1月20日(土)〜1月28日(日)
   10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
   最終日 5:00PM
今年で5回目となる、「伊勢崎 卓 紳 創 競」 四兄弟展。
千年以上の伝統を保つ備前焼・釉薬を一切使わず、今も松割木を使って十数日
をかけてやきつづけた器は、飽きがこなく使い込むほどに味が増していきます。
四兄弟それぞれの土と炎が創り出す大胆で力強い自然の香りを感じて下さい。
■伊勢崎 卓
 昭和38年 伊勢崎 満の長男として生まれる
   62年 大阪芸術大学陶芸科卒業
 平成16年 銀座黒田陶苑にて個展  
   27年 豊橋ほの国百貨店にて個展
■伊勢崎 紳
 昭和40年 伊勢崎 満の二男として生まれる 
 平成 5年 第40回日本伝統工芸展日本工芸会奨励賞受賞
    7年 第42回日本伝統工芸展入選、日本工芸会正会員となる
   28年 東広島市立美術館 現代の造形「生活を彩る陶」展出品
■伊勢崎 創
 昭和43年 伊勢崎 満の三男として生まれる 
 平成 8年 第43回日本伝統工芸展入選
   16年 第51回日本伝統工芸展入選、日本工芸会正会員となる
   23年 伝統工芸陶芸部会展日本工芸会賞受賞   
■伊勢崎 競
 昭和45年 伊勢崎 満の四男として生まれる 
 平成 5年 第40回日本伝統工芸展入選
   17年 第52回日本伝統工芸展入選、日本工芸会正会員となる
   27年 日本橋三越にて個展

 

08:28 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
日本の古布展始まります。
「 日本の古布展-17 」-手仕事の技と美-
会期2018年1月2日(土)〜1月11日(月)
 10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
明日から、毎年恒例の「日本の古布展」が始まります。
年を経てより味わいを深める豊かな日本の布文化から丁寧な手仕事を集めました。
縮緬・絣・麻・木綿・更紗から筒描・刺し子などの種類も技法も様々です。
古布を使った洋服、バック、人形など着物からハギレまで約700点が並びました。
10:44 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「日本の古布展」開催

 

「 日本の古布展-17 」-手仕事の技と美-
会期2018年1月2日(火)〜1月14日(日)
    10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
毎年、恒例となりました「お正月の古布展」をお楽しみください。
年を経てより味わいを深める豊かな日本の布文化から丁寧な手仕事を集めました。
縮緬・絣・麻・木綿・更紗から筒描・刺し子などの技法も様々です。
古布を使った洋服・人形、干支などの細工物など暮らしの中に潤いが生まれます。
■1/7(日)8(月)10:00AM〜豊田信也先生による「創作人形教室」開催

11:35 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
明日から「お気に入り展」開催

 

明日から、「ちっちゃな幸せ・私のお気に入り展」開催
地元いわき、福島を中心に東西の作家42人・組 約480点が集まりました。
「手のひらサイズで表現」することをテーマに、陶芸・金属・絵画・木彫・

漆・ガラス・紙など、手のひらサイズの小さい中に、広がりのある世界観や

思いを表現しています。新たな発見や挑戦にもなる同展の面白さや楽しさを

感じて頂ければと思います。

一つひとつ手にとりながら・是非ちっちゃな幸せを見つけに来て下さい。
また、会期中にはクリスマスランチ・デザートを是非、ご賞味ください。

 

 

 

16:03 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「私のお気に入り展」開催

 

  -ちっちゃな幸せ-「 私のお気に入り展-11 」 
会期2017年12月16日(土)〜12月24日(日)
    10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
     最終日 5:00PM
                                 
地元、福島を中心に東西の作家が、陶芸・金属・絵画・ガラス・木・紙など
テーブルウエアーから動物、オブジェ、手のひらサイズの作品にあふれます。                
可愛く愛嬌があったり、小さいけれど存在感があったり、見て楽しく使って
嬉しい、ジャンルを越えた作品が並びます。                                  
今年で11回目の展覧会・是非ちっちゃな幸せを見つけに来て下さい。                  
◆福島 会津無一窯 石川邦子 伊藤由季子 キダサトコ 草野伸子
    後藤五木 西郷匡史 斉藤浩子 佐藤大寿 サトウアカネ
            睫鄒宜検‥頂 宏 伊達義道 難波立子 新谷窯
    塗師一富 野口孝寛 箱崎りえ 星 尚子 Michiko 山崎淳司
◆茨城  大崎 透 義 乱 工房ツクルテ 古谷萌仁香 小林 健
           田山健司 さがわはるな 鈴木 環 根本達志 根本峻吾
     真木弘姫 毛利元郎
◆神奈川 太田 憲 詫摩まり
◆愛知  スエトシヒロ 田鶴濱守人 田鶴濱優香
◆奈良 安藤栄作 長谷川浩子    
◆岡山 森本 仁
◆広島 田部健次
09:45 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「長谷川正治・松浦唱子陶展」始まります。

 

明日から〜ほっこりと楽しい食卓〜

   「長谷川正治・松浦唱子 陶展」始まります。

長谷川さんの黄瀬戸と黒の組み合わせた丸皿・ブルーグレイのシノギのマグカップ・

スリップウェアのだ円皿などシックで楽しい器が並びました。
松浦さんの少しカラフルな大・中・小の土鍋やスープボウルやマグカップの耐熱器。

寒いこの季節に、あたたかいスープやホカホカの土鍋料理でお楽しみ下さい。

一つ一つ手づくりした器です。末永く使って頂ければ嬉しいです。
■12/2(土)3(日)は長谷川さん、松浦さんが在廊しますので是非お出掛け下さい。

 

 

18:31 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「長谷川正治・松浦唱子 陶展」開催

 

〜ほっこりと楽しい食卓〜

長谷川正治・松浦唱子 陶展

会期:2017年12月2日(土)〜12月10日(日)
10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
       最終日5:00PM       

長谷川の黄瀬戸と黒の組み合わせた物やブルーグレイの器。
松浦の少しカラフルな土鍋や耐熱の器。日々の生活を楽しく
彩ってくれるような器が並びます。是非手に取ってご覧下さい。
■12/2(土)3(日)は在廊しますので、お出掛け下さい。長谷川・松浦

 

 

20:40 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「平林昇 陶展」始まります。

 

明日から「安曇野の器-平林 昇 陶展」が始まります。
穴窯による土と炎が創り出す表情豊かな焼き締めの水指、茶碗、壺、花器から
鉢、片口、宝瓶、ぐい吞み。リンゴの木灰を釉薬にした粉引きの湯呑や皿など
約200点、安曇野の自然と温もりが伝わる器が並びました。
また、礼子さん(奥さん)の仕覆、古帛紗、数寄屋袋、ぐい吞袋のコラボから
ログウッド、茜、よもぎ、そよご、すすきなどの草木染手織りのストールも並びました。
■11/18(土)19(日) 12:30〜「粘土で遊ぶ」「袱紗を楽しむ」
陶(昇さん)と布(礼子さん)ご夫婦のランチ付きワークショップもお楽しみ下さい。
*18日(土)は満席となりました。
17:23 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
「平林 昇 陶展」開催

 

-安曇野の器- 平林 昇 陶展 Vol.2
会期:2017年11月18日(土)〜11月26日(日)
      10:30AM〜6:30PM<会期中無休>
         最終日5:00PM
穴窯による土と炎が創り出す表情豊かな器から、安曇野の自然と温もりが伝わります。
■11/18(土)19(日) 12:30〜「粘土で遊ぶ」「袱紗を楽しむ」
陶(昇さん)と布(礼子さん)ご夫婦のランチ付きワークショップもお楽しみ下さい。
武蔵野美術短大絵画科卒業 在学中松山祐利氏に出会い陶芸を始める。
備前での修行後、安曇野に穴窯をつくる。2015年続き2回目の個展。
20:29 企画展のお知らせ - trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
ACCESS

〒971-8141
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel/fax 0246-29-3826
mail info@g-sougei.com
ギャラリー創芸工房HP