福島県いわき市鹿島町「ギャラリー創芸工房」の日々を綴ります。
生きるチカラ・開催




南風原文化センター                            イ     ヌ  :スズキ ハナ
       生きるチカラ〜福島から沖縄へ           カ ン タ : 鈴木 智美
    2011年9月22日〜10月4日            パステル  : 鈴  忠壽


今年3月の大地震、津波、原発事故により、家も傾き、夢を見ているかのように
今までの生活が一変。また目に見えない放射能と度々の余震。恐怖と不安が
あふれ出し、精神的にも肉体的にも寸断されてしまいました。
     ◇                           ◇
そのような状態の中、犬のハナと私達二人は、車にて福島から一番遠い場所
沖縄へ・・・。まぶしいほどの風景と大地の恵み、沖縄の人々の心温まる支援
に感謝し、生きる喜びをいただきました。
今も福島は収束の見えない原発事故・放射能の見えない恐怖にさらされてい
ます。以来、命の大切さ、命の尊さを手仕事カンタとパステル画で表現しました。
カンタとはインドの刺し子、古いサリーを重ねてチクチク刺しいく。模様も、生命
の樹・太陽・動物・人間など、しあわせや健康、魔除けなどの願いを込めて・・・。
道具がいらない今の私にとって、びったりの技法です。
沖縄の美味しい食べ物、風景、生物、歴史や福島での恐怖と不安など心を揺り
動かされた思いをパステルを用いて表現しました。
     ◇                           ◇
負の島から福の島へ 「安心・安全」 本当に笑える日。平穏な日を願わずには
いられません。自分が生まれ育った町を大切にし、物も動物も人も 思いやる
心が平和へとつながります。沖縄も福島も思いは一緒です。この一時を大切に
しながら、夢の設計図を想い描いて、人生 第2ステージの始まりです。

 

11:17 沖縄・日々 - trackbacks(1)
trackback
http://blog.g-sougei.com/trackback/108
いわきでの制作活動の支えとなっていた大事な場所があります。 ギャラリー創芸工房 さん。 まずオーナーご夫婦がとても素敵な作家です。 初めて飛び込みで参加をお願いしたのが3.4年前。 どこの馬の骨ともわからぬ私を 「制作していくのに発表の場
From. 絵本と粘土 きのこパンの日々と修行の手帖 at.2011/09/28 05:29
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
ACCESS

〒971-8141
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel/fax 0246-29-3826
mail info@g-sougei.com
ギャラリー創芸工房HP